FC2ブログ

道草しながらゆっくりと~成人発達障害者の日常~

成人してから発達障害と診断された私が日常思った事、感じた事等を気儘に綴っていこうと思います

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
携帯からです

前記事の編集をしました。
が、確認したらブログ村の方に更新通知がなっていませんでした。何故(?_?)

なので携帯からテストを兼ねてお知らせしてみましたm(__)m

携帯からの更新は大丈夫かなあ?
スポンサーサイト



定型発達者に感じる「不条理」についての記事に対して、定型発達者の方からのコメントを頂きました。

私には何とお答えして良いのか言葉が浮かびません。
分かるか分からないかと聞かれれば、分からないです。

その方が「発達障害者かも」と思われるているのは職場の同僚との事ですので、仕事のミスでお困りである事は文面から伝わって来ました。
確かに私自身もとんでもないミスをする事がありますので、職場で周囲に迷惑をお掛けしているのは重々承知です。
(先日もそれ程広いとは言えないフロア内で迷いました・・・)

今回定型発達者と発達障害者と両側からのご意見を頂き、両者の溝が深い事を改めて実感しました。

そもそも物事の捉え方が違う者同士が上手く良くにはどうしたら良いか?

一番良いのは妥協点を見つける事だと思います。

ただし、それには両者がお互いの性質を知っている事が前提となります。

発達障害者側は定型発達者を見れば「あの人は定型発達だろう」と大体分かります。
でも、定型発達者側は一見普通に見える発達障害者を見ても「何か変な人」程度に思うのではないかと思います。

職場は仕事をしてお給料を貰うので、ミスの尻拭いさせられ続けている定型発達者側からしてみれば次第に「厄介な存在・同じお給料で不本意」だと思うのかも知れません。

カミングアウトしたら違って来るのか?
これも中々厄介です。
障害者とレッテルが貼られた途端、対等では無くなる場合もあるでしょう。

妥協点を見つけるにはお互いを知らなければならないと思います。
でも、お互いを知れば対等とは見なされなくなるかも知れない。

とても難しい問題です。

対等の立場で違いを受け入れ合うのが理想ですが、現実では本当に理想でしかありません。

しかも発達障害者は十人十色です。

コメントを下さった定型発達の方が、発達障害について調べても同僚の方にピッタリと合うマニュアルは恐らく無いのではないかと思います。

私は今まで発達障害者と診断されている方や、未診断だけれど発達障害の自覚がある方は想定内だったのですが、定型発達者側から見て「発達障害者だと思う人」の事は想定外でした。

なのでコメントをお返しする事が本当に難しかったのですが、コメントを下さった方に言えるとすれば同僚の方を発達障害者だと決め付けても意味が無い気がします。
(同僚の方は自分なりに苦手を克服しようとしているので、それでも苦手が克服出来ないのだとすればそれがその人の限界かも知れません)
この人はこういう人だと思っているのが良いのでは無いかと思うのですが。。。

とにかくこの頂いたコメントに関しては自分の感情面においても返答が難しく、何と言えば良いのか頭を抱えてしまいます。

分かりたいけれど分からない、このもどかしさ。
地団駄を踏みたくなります。
理解したいけれども分からないのです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
↑ランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします



↑こちらもどうぞよろしくお願いします

ギャー!

前記事、下書き中だったんです!今携帯から見て仰天しました

予約投稿機能を使って途中まで書いて、そのまま放置していました(T_T)

明日編集し直しますので、ご訪問頂いた方には、お詫び致します。

それにしても私は何をしているのでしょう…

穴があったら入りたいとは、まさしく今の私の心境です

※編集しますので、お待ち下さい。。。

編集し直しました。

大変失礼しました。

<コメントを頂いている方へ>
近日中にお返事をしますので2日程お待ち下さい。
よろしくお願いします。
前記事の続きです。

さて、何とかクリニックに無事に辿り着きドクターに遅刻を平謝りして診察開始。

ドクター:「何か変った事(困っている事と聞かれたかも知れません)はありますか?」

私:「職場で暫らく止んでいたイジメが復活したので、疲れています。」
カウンセリング向きの内容かもと言うジレンマもありましたが、疲労度によってはお薬の処方にも影響するかも知れないので言いました。

うちの職場は女性ばかりの大奥の様な感じで、御台所様(ボス的存在の人)の言動が他の人にも相当な影響を及ぼします。
因みに以前、御台所様には「メガネザル」と言われた事があります(私はメガネザルにも似ていないし、眼鏡を掛けているだけでサル顔でもありません。「サル」を蔑みの言葉として使用したようです。)
その他、A型は人間(御台所様はA型)・B型はゴリラと言う発言をされた事もあります。
近頃のイジメの手段は主に無視と村八分です。

ドクター:「そういう人は、この人憐れだなーと思って包み込む位の気持ちになると良いかも知れませんね」
・・・その瞬間、私の脳裏には真っ白なシーツで御台所様を包み込んで抱き締める自分の姿が浮かび、思わずウエッと顔を歪めてしまいました。

私の通院中のクリニックは電子カルテを用いて、ドクターが患者側の話しやドクターの見解や診断を入力して行きます。

そしてドクターは声に出しながら入力なさいます。

ドクター:「えー、その人は、馬鹿だと言える、と。そういう人には、憐れみの気持ちを持って、対処を・・・」カタカタ(入力音)
・・・今、カルテに馬鹿と言う文字を入力なさった気が。。。

私:「あのー、カルテでしょう。ば、馬鹿って涙

ドクター:「でも、これを書かないと」
明るくきっぱりと仰るドクター。

カルテって何年保存だったっけ?
カルテに馬鹿って書いても良いのかな。
まあ、誰かに見せる訳でも無いし大丈夫か汗

ドクター:「ホタルブクロさんの様な人はイジメに遭い易いんですよ」

そう言えばどうしてイジメに遭い易いのか、聞くのを忘れてしまいました。
でも幼少時から散々イジメに遭遇して来たので、例えば空気が読めないから等、何処か他人をイラつかせる所があるのでしょう。

そんな感じで楽しく(?)診察は終了。
遅刻しても快く診察して下さったドクターには感謝です。

そして処方箋を貰い家路に付きました。

お薬は以前はクリニック近くの薬局で貰っていましたが、漢方薬も処方されるようになり番号によっては置いてない場合があります。
お取り寄せになると取りに行くのが大変です。
なので近頃は地元の薬局で貰っています。

地元帰りの電車で、またもや眠り込んでしまいました。

ふと目を覚ますと降りる駅です!
慌てて電車から飛び降りました。

すると、駅の様子が変です。

あれ?

今度は一つ手前の駅で降りてしまっていたのでした

自分の判断力が確実に低下しているのを確信したので、地元の薬局で薬を貰うと真っ直ぐ家に帰宅しました。

いつもの診察日の倍は疲れたのは言うまでもありません。

怪我をしなくて良かったです絵文字名を入力してください


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
↑ランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします



↑こちらもどうぞよろしくお願いします
先週は月に一度の診察日でした。

通院中のクリニックは割と遠いので、時間を読むのが下手な私にとっては毎回時間との戦いです。
完全予約制なので、遅刻する訳には行かないのにカウンセリングも含めて毎回の様に遅刻してしまいます。
遅刻は他人に迷惑を掛けてしまうので、直さなければならない課題です。

さて、その日も家を出る予定時間より10分遅くなってしまいました。
乗り物の乗り継ぎが上手く行けば予約時間には(ギリギリで)間に合うのですが、生憎電車が信号機の点検のために遅れていました。

クリニックに行くルートは幾つかあるのですが、予想外だったために頭の中が真っ白になってしまい何も思い出せなくなってしまいました。

ただ分かった事は、「遅刻かも」と言う事だけ。

オロオロしている内に、何とか停まっていた電車が発車しました。

「良かった絵文字名を入力してください5分以内の遅刻で済む(実際はちっとも良くありません。遅刻はいけない事です)」と思いながら、いつの間にか眠ってしまいました。

ハッ、として目を覚ますとクリニックに行く時には通らない筈の駅名が・・・

なんと、乗り過ごしていたのです。

慌てて降りたもののまだダイヤが乱れていて、反対側行きの電車の到着予定が分かりません。
予約時間はその時点で、10分以上過ぎていました。

クリニックに電話を掛けようと思ったら、クリニックの電話番号が変っていたのを思い出しました。
まだ携帯に登録変更をしていなかったため、診察券を見ながら新しい番号をプッシュ。
が、何故か通話にならずに別の画面が表示されます。
(因みに今の携帯にしてから2年は経っています)

あれ?あれ?電話が出来ない!!
冷や汗が出て来ました。
そうこうしているうちに、電車が来てしまったので電話は目的の駅に着くまで諦めました。
やっと目的の駅に着いたら今度はいつもと違う場所で降りた為、クリニックの方角が暫らく分かりません。
ここはどこだー!?とキョロキョロしながら目的の出口を発見。
電話もやっと掛ける事が出来、駅から猛ダッシュ!

・・・結局20分程も遅刻してしまいましたjumee☆faceA128
身から出た錆とは言え、クリニックに辿り着いた時には疲労困憊でした。

それから大遅刻しても診察を受けられて良かったです汗

診察中の話しと、帰宅中にも色々合ったので記事を分けます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
↑ランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします



↑こちらもどうぞよろしくお願いします

久しぶりの更新です。
約1週間ぶりでしょうか。
何だか旅行へ行っていて、空き家にしていた気分です。

さて、先日私は他の方のブログにコメントをしたのですが、今日そちらを覗くと私のコメントに対してのご批判を頂いていました。

私のコメントを要約すると、「発達障害者側ばかりが定型発達側に譲歩しなければならないのか。悪い事もしていないのにありのままでいられない事を不条理に感じる」と言う書き込みをしました。

ご批判コメントは、「定型発達側が発達障害者側に譲歩していない事はない。ホタルブクロさんの定型発達の譲歩への不満は定型発達者側も発達障害者に対して同じ様に持っている可能性がある。発達障害者側が少数派である故に生活の困難があるのは理解出来るが、不満として表明されるのは定型発達として不条理だ」との事でした。
(※私も私へのコメントの方も「です・ます調」で書いてあるので、実際は上記のような堅苦しいコメントではありません。もっとソフトな印象です)

・・・自分が常々感じている事をストレートに書き込んだだけなんですが、いけない事だったでしょうか。

私がどうして定型発達者側ばかりに譲歩している様に感じているのか?

それは、「私は発達障害者です」とカミングアウトをしていないからだと思います。

そのため、「(私が考える)ありのまま」=「取り繕っていない自分」でいると定型発達者側には「変な人・出来ない人・常識が無く失礼な人」等々のマイナスの印象を与え易いからです。
そして挙句の果ては「無視・村八分」的な扱いを受けるからです。

定型発達風に振舞っていれば少しは扱いも変るのでしょうか。
だとしてもこのブログにも何度か書きましたが、やっと掴んだ自分自身を再び失う事は嫌なのです。

勿論職場等では非常識な振る舞いはしていないつもりですし、社会生活においての最低限のマナーは守っています。

敢えて言わせて頂きます。

様々な理由で「発達障害者です」とカミングアウトをしていない(出来ない)発達障害者は多数存在します。
カミングアウトをしている人の方が少ないかも知れないです。
未診断者も同様だと思います。
カミングアウトをしていない発達障害者は、定型発達者の「振り」をしているでしょうし、それでも尚「変人」等の烙印が付きまといます。

そうした人々に対して、定型発達者は何等かの譲歩をして下さっているのでしょうか?
私の経験上は感じられません。

ですから上記の頂いたコメントに対し、私は反論したいと思います。

定型発達者側は、発達障害者に対してこちら側がしている程の譲歩をして下さっているとは思えません。

そもそも「発達障害」の知識すら持たない人達が多いのに、発達障害者に対して何の譲歩が出来るのですか?
それに対して不条理と感じてはいけませんか?

※ この記事は私個人の考えであり、他の発達障害者の意見を代弁しているのではありません。

<追記①>
前記事への拍手コメントを下さった方々、コメントどうもありがとうございました。
全て鍵付きコメントで返信出来ませんでしたので、この場でお礼申し上げます。

<追記②>
この記事のみ、コメント欄をオープンにします。反論をしておきながらコメント欄をクローズにしておくのは卑怯だと思いますので。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
↑ランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします



↑こちらもどうぞよろしくお願いします

久しぶりに発達障害に纏わる話題を記事にしようかと思います。
・・・と言ってもあくまでも私の場合の話しですが。

私は学生時代から誉められるのがとても苦手です。

例えば美容院へ行った次の日、「髪型変えた?似合うね!」と言って貰っても嬉しく感じません。
むしろ、「あ、いや・・・その、うん。髪型変えた。。。ありがとう」と言う感じにシドロモドロになってしまいます。

最近は少し知恵が付いた(?)ので、誉められた途端に話題を変えてしまいます。

謝られるのも同じで「ごめんね。」と言われると、大変困惑します。
「ごめんね。」と言われると
・謝らせてしまった
・悪い事をしてしまった
・どうしよう!


・・・と思い、誉められた時と同じくオロオロしてしまいます。

簡単に言うと、誉められたり謝られたりした時にリアクションが上手く取れないので、とても焦ってしまうのです。

だからと言って誉められる事が嫌いな訳ではありません。
「○○さんがホタルブクロさんの事を誉めてたよ」と言われると、「嬉しいな」と思います。

つまり、間接的に誉められれば平気だけれど、直接的な誉めが苦手みたいです。

ところで、謝る場面はしばしばあるので謝りますし、自ら謝罪するのは大丈夫です。

が、自分からは滅多に他人を誉める事はしません。
心に無い事(定型発達の言う社交辞令)を上手く使いこなせる自信が無いからです。
私が言うと、実にわざとらしくなってしまうので逆効果になってしまいます。
言っている最中に既にシドロモドロになり、自分でも何を言っているのか分からなくなる時があります。
(心から「素敵だな」と思った場合は「素敵ですね」等と自然に言えます)

定型発達の人達は、良く誉め合いをしています。

それが社交辞令だとお互いに分かっているのかも知れませんが、例えば
「そのバッグ新しい?可愛いね」
「本当?ありがとう。これねー、○○のバーゲンで安かったんだよ」・・・と会話が広がって行きます。

定型発達の(特に女性)は他人の変化にとても敏感です。
非常に観察眼が鋭いです。
だからこそ会話を広げて行くコミュニケーション能力に長けているのかも知れません。

私の場合「あの人髪型変ったなー」と心の中で思っても口に出して言う事は少ないです。

定型発達の女性達と会話をするのは、発達障害者にとって一番コミュニケーションの勉強になるかも知れません。

但し男性でコミュニケーションが苦手と言う方にはお勧めしません。

とても疲れますし、異性だと「セクハラ!」と受け取られる可能性も無きにしもあらずですから。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
↑ランキングに参加しています。こちらもどうぞよろしくお願いします



↑こちらもどうぞよろしくお願いします


ここ暫らく残業の連続で帰宅後にPCを触る気がしませんでした。

私の仕事はPCを使用したり書類のチェックをする為、目を酷使します。
なので仕事終了時には目が相当疲れているのでこれ以上PCを触りたくなくなってしまいます。

さて、仕事の事は置いておきまして本の紹介ですアップロードファイル


くらやみの速さはどれくらい (ハヤカワ文庫 SF ム 3-4) (ハヤカワ文庫SF)くらやみの速さはどれくらい (ハヤカワ文庫 SF ム 3-4) (ハヤカワ文庫SF)
(2008/12/10)
エリザベス・ムーン

商品詳細を見る


この本は先日新聞の本の紹介欄で見つけた本です。

買ったは良いのですが、まだ数ページしか読んでいません涙

簡単に紹介すると、自閉症が子供の内に治療できる世界になった時のお話です(すごい略仕方ですが、あらすじを説明するのが苦手なので済みません・・・)

書評によれば「アルジャーノンに花束を」に匹敵する名作だそうです。

詳しいあらすじ等が知りたい方は、アマゾンのリンクを貼っておきましたのでご覧下さい福助


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
↑ランキングに参加しています。こちらもどうぞよろしくお願いします



↑こちらもどうぞよろしくお願いします
また携帯からの更新です。

私は障害者を「可愛い」と言う人達が嫌いです。

本来は誉め言葉の筈が、一部の健常者様の上から目線で発せられると、たちまち小馬鹿にした意味合いに変化します。

ある一部の健常者様は、何かのきっかけによって自分達も健常では無くなる可能性に考えが及ばない様です。

具体的に障害者の何処が可愛いいんですか?

「可愛そう」より失礼な言葉だと思います。

私はそう言う一部の健常者様が大嫌いです。

想像力の欠如?

それは一部の健常者様にこそ、ぴったりなフレーズだと思います!
携帯からの更新です。

私が怖いもの。

…不確実な物が怖いです。

例えば他人の心の変化等の、目で見ても分からない物です。

他人の目が余り気にならない(出来ないと言うか…気にしているけれどズレています)ので、自分の物言いや振る舞いが他の人にどう受け取られたか、後で気にします。

自分の振る舞いによって「何か変な人・気持ち悪いから関わらない様にしよう」等と思われるのは嫌です。

そして一番怖いのは、「自分が何者なのか」と言う事に疑問が生じる時です。

だから不安になると、つい診断名にこだわってしまいます。

私にとって診断名は赤ちゃん毛布の様な役割をしている気がします。

障害=自分では無いと分かってはいるけれど、ドクターやカウンセラーの先生に何度何度も確かめてしまいます。

自分とは、時にとても不確実な存在で、煙の様にモヤモヤしていて捕まえて置きたいけれど手からすり抜けて行ってしまう様に感じる事があるのです。

輪郭がはっきりしないとも言えるかも知れません。

だから診断名と言う名札を付けて置かないと不安で仕方が無い時があるのです。
私は静かに心穏やかな日々を送りたいだけ。

「ただそれだけ」なのに難しい。

「その場にいるだけ」が難しい。

穏やかさを求めて居場所を確保した筈が、時折親切の姿を借りて掻き乱される。

混乱する。

困惑する。

果ては恐怖心に襲われる。

そういう時でも、誰にも自分の困惑・恐怖を言わなかった。

だけど勇気を出して「困ってる・怖い」と言ってみた。

そうしたら救われた。

心の重荷が軽くなった。

そして浮かぶのは使い古された言葉。

だけど温かい言葉。

「ありがとう」の言葉。
私はパートとして働いています。

時給も高いとは言えないし雇用も不安定な身分なので、普段は倹約しています。
ランチ代も出来る限りワンコイン(500円)で収めるようにしています。
でも余りワンコインで食べられるお店が職場の周辺に少ないんですよね。。。
(時々誰かとランチをする事になった時は奮発する事もあります)

交通費も支給されていますが、帰りは季節によりますが3駅位を歩いて帰る事もあります。

(交通費を支給されているので)本当はいけないのでしょうが、気分転換にも良いので歩いて気持ちの良い季節は出来る限り歩いて帰ってしまいます。

昨年の春に歩いて帰宅中、スミレとオダマキが満開の空き地を見つけたので、今年の春もその場所を通るのを楽しみにしていますアップロードファイル
今年も満開だと良いな。。。

さて、私は服等に対しての物欲はありますが、一番の贅沢は本を買う事です。

最近はネットで簡単に欲しい本を入手出来るようになりましたが、私は本屋さんを何軒も巡るのが最高に好きです。
特に、他人が余り興味が無いらしく需要が少ないと思われる本は、中堅の本屋さんにも置いてありません。

そういう時は大・中・小規模の本屋さんを何軒も巡って探し回ります。
「ネットで注文すればすぐに買えるよなー」と思う事もあります。

でも本屋さん巡りをしていると思わぬ掘り出し物に出くわす、と言う嬉しい特典が付いて来る事もあります。

そして何軒も回った後、やっと目的の本を見つけた時の嬉しさ!!

何物にも変え難いのです。

・・・これが私の最高の贅沢です!笑い。


<追記>
現在発達障害についての記事が書き辛い心境です。
ブログタイトルの副題に「~成人発達障害者の日常~」と銘打ってある為、発達障害についての記事を読みたくて訪問頂いた方には、期待を裏切るようで申し訳ありません。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
↑ランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします



こちらもどうぞよろしくお願いします
気分転換にテンプレートを変更してみました。
でも何となくしっくり来ないような・・・。

見慣れていないせいかも知れませんね。

テンプレート選びは選択出来る物があり過ぎて、選ぶのが大変でした。
もしかすると、次回はまた元に戻しているか別のテンプレートに変えているかも知れません。

何故テンプレートの変更をお知らせしたかと言うと、自分が他の人のブログを見て時々テンプレートが変っていて一瞬びっくりする事があるからです。
シンプルなデザインから突然どぎついデザインになっている場合に特にびっくりします。

今回自分が選択したものは以前のデザインとは全く雰囲気が異なるので、驚かせてしまったら済みません。

選ぶ上で一番重要視したのは

・暖色系である事

・文字が細かく表示されない事(サイドバーの文字の表示を含めて見やすい事)

・記事と記事の間隔がはっきりと区切られている事

・ブログ名の近くに花が(写真画像なら更に好み花)ある事。これは絶対条件かも。。。

まだ気分が低空飛行気味なので明るい感じの背景にしてみました。

やっぱり花は大好きですにっこり

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
↑ランキングに参加しています。こちらもどうぞよろしくお願いします



↑こちらもどうぞよろしくお願いします




元旦に母方の祖母の所へ行きました。
昨年のお正月以来会っていなかったので調度1年ぶりです。
祖母は今年で95歳になるので元気かな?と思っていましたが昨年より若返った印象を受ける程元気でした。

私達家族が訪ねたと同時位に、従兄家族が来ました。
従兄には2人の子供がいるのですが、一人は昨年はまだ奥さんのお腹の中にいたので初対面です。

私は元々子供慣れしていないのですが、子供の発想や動きは見ていて「可愛いな」と思います。
初対面のハトコちゃんはまだ10ヶ月ですが、祖母と顔と顔をくっつけられると歯が2ミリ位見える口でニッッコリと笑います。
人の顔をジーッとみつめて「この人は誰?」と言う風な顔をします。
(余りにジーッとみつめられたので、こちらの方がドギマギしてしまいました汗

「可愛いねー」を連発しているとパパである従兄が突然、「はい」と私の膝の上に赤ちゃんを乗せたので「うわっ!!はいって荷物じゃないんだから!どうすれば良いの!?」とアワアワしてしまいました。

・・・首が据わっている子で良かったです。

初めて赤ちゃんと言うものを抱っこ(?)しました。
何だか感動です。

例えるならば、10㎏の熱い米袋が膝に乗っている感じ?
10ヶ月って結構重かったです(笑)

後ろから抱っこしている内に今まで感じた事が無い気持ちが湧き上がって来ました。

温かいような何とも言えない感情です。

これが母性本能??

愛おしいってこんな気持ちかな、と実感しました。

初めての感情でとまどいましたが決して嫌な気持ちでは無く、むしろ幸せを感じる気持ちでした。

慣れない人に抱っこされて居心地が悪かったと思うけれど、幸い泣きもせず嫌がられもせずにいる子が可愛かったです。

10ヶ月と言えどコミュニケーション能力があり、新聞を見るとママに差し出していました。

ママが名前を呼ぶと、ニッコリ笑ってヨチヨチと歩いて行きます。

バイバイも拍手もしていました。

こんなに小さいのに凄い。

10ヶ月の赤ちゃんに新しい感情を教えられた日でした。


<お知らせ>
精神状態が不安定なためコメントの返信が辛いので、暫らくコメント欄を閉じさせて頂きます。
御了承下さい。
コメント欄をいつ開くかは未定ですが、精神状態が安定したらまた開きます。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
↑ランキングに参加しています。こちらもどうぞよろしくお願いします



↑こちらもどうぞよろしくお願いします
明けましておめでとうございます(喪中なのでこのフレーズを使ってはいけない気もしますが)
2009年に入って初更新です。
元旦は母方の祖母の所へ行かれる程精神的にも落ち着いていたのですが、2日目以降から怪しくなりました。
5日から始まる仕事が恐怖だったのです。
今年から仲良しの人もいなくなり、職場で分かり合える人がいないし意地悪されると思うと「行きたくない!」と思ってしまいました(親切な人もいます)
ネットサーフィンやTVを観る、新聞を読む等の受動的な事は出来ましたが自分から書いたりする事が一切出来ませんでした。
そして2日と3日は眠くて仕方が無く、そして4日。

その日は一日中イライラしていましたが、半面恐怖感と泣きたい気分で一杯でした。
「明日が来なければ良いのに」と呪文の様に繰り返す私。
夜になりとうとうパニック状態に陥ってしまいました。
具体的に言えば部屋で大暴れしたのです。
理性が完全に無くなりました。
30年間大事にして来たぬいぐるみが初めて壁に叩きつけられました。
物音で母親が来て両手を押さえ付けられた時は泣きながら「キーッ!キーッ!」の様な言葉にならない叫びしか出せない状態でした。

部屋のベッドと本棚の間に人間一人がスッポリ収まるスペースがあり、その前は壁になっているのですが、泣きながらそのスペースに入りしゃがみ込みました。
母親が「明日出勤するかしないかは明日になってから決めなさい」と言って落ち着く迄背中を撫でていてくれました。
30過ぎの成人が年老いて来た母親に背中を撫でて貰っている事が、とても情けなく益々涙が止まりませんでした。
心の中で「○○(職場で仲良くしていた人の愛称)助けて!助けて!!」と叫んでいました。
(因みにその人には迷惑を掛けたくないので何も言っていません)

そして5日(昨日)、出勤しました。
多分昨日行かれなければ出社拒否になりそうだったからです。
それに良い事もありました。
職場の仲良しだった人が挨拶に寄ったので、久し振りに会えて嬉しかったです笑い。

年始なので仕事量も半端ではなく初日から残業でした。

因みに今日は仕事はお休みなのでやっと精神的に落ち着いて来つつあります。
お薬も飲んでいますが。。。

今回の事でまだまだ私は駄目だな、と思いました。

今年は「3歩進んで2歩下がる」を目標にしようと思います。
それでも1歩は確実に前進するのですからキラキラ・青

そして家族や他人に迷惑を掛けない様になりたいです。

<追記①>
コメントを下さっていた方々、返信が遅くなり済みませんでした。

<追記②>
大掃除中に一息で掃除が苦手な方へのヒントになるコメントを頂いています。「家事一般が苦手」と言う方は是非一読してみて下さい(コメントを頂いたのは気道戦士癌ダムと言うブログを開設されています(当ブログもリンクしてあります)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
↑ランキングに参加しています。こちらもどうぞよろしくお願いします



こちらも良かったらよろしくお願いします

 | HOME | 

CalendArchive

プロフィール

ホタルブクロ

Author:ホタルブクロ
はじめまして
ホタルブクロと申します。
私は発達障害である「特定不能の広汎性発達障害」と診断を受けています。
一人の発達障害者の目を通して感じた事等を、定型発達の方達にもお伝え出来たら良いな、と思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

※管理人が不適切だと判断したコメント・トラックバックは削除させて頂きますので予めご了承下さい。特に発達障害や記事と無関係のコメント・トラックバック及び、他人を不快にさせるコメント・トラックバックはお控え下さい。

※管理人の体調等の理由により、コメントを頂いてもお返事が遅くなる事があります。申し訳ありませんが、ご了承下さい。

当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
↑ランキングに参加しています。よろしくお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
お花が好きな方はよろしくお願いします


↑こちらもよろしくお願いします

最近のトラックバック

メールはこちらから

※申し訳ありませんが、メンタル系の悩みがある方、発達障害当事者の方(診断・未診断は問いません)及び関係者のみに限定させて頂きます。よろしくお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

旬の花時計

ブログ内検索